ヴィンヤードトップ

VINEYARD

中富良野ヴィンヤード北海道中富良野町

北海道の圃場

2016年春にレゾン北海道事業として着手し、中富良野町西中地区に造成、苗の植え付けがされた「中富良野ヴィンヤード」
東に広がる大パノラマと、その中心に十勝岳を望む、西側南東向きの大変日当たりの良い圃場で、標高は270m。 土壌は細粒褐色森林土で、かつて十勝岳が噴火した際の火砕流堆積物の影響を強く受けています。
土壌中には噴火の際、液体マグマが粉砕されて微粒子になり、急冷されてガラス化したものがあり、天気の良い日は陽の光にキラキラと反射します。
畑はやや土が痩せてはいますが、傾斜地のため水はけもよく、今後の土壌改良で期待できる畑です。
ブドウ品種は、ソーヴィニヨン・ブラン/ピノ・ブラン/ピノ・グリ/ピノ・ノワール/リースリング/ゲヴュルツトラミネール/シャルドネ/ツヴァイゲルトレーベ/ケルナー/ミュラートゥルガウ/オーセロワの11種類を栽培しています。
畑の見学ツアーも行っていますので、ぜひご参加ください。(毎週金曜、要予約)

面積 約32ha
土壌 細粒褐色森林土
標高 270m
傾斜 南東向き傾斜
収穫量 22500kg~27000kg(3~4年度見込み)
種類 ソーヴィニヨン・ブラン/ピノ・ブラン ピノ・ノワール/リースリング ゲヴュルツトラミネール/ピノ・グリ シャルドネ/ツヴァイゲルトレーベ/ケルナー/ミュラートゥルガウ/オーセロワ

富良野ヴィンヤード北海道富良野市

北海道の圃場

中富良野より南へ車で30分ほどの、空知川沿いに位置する「富良野ヴィンヤード」
標高は250mで、周りは東京大学演習林に囲まれた平地であり、垣根仕立てで南北に風が抜けるよう造成をしました。
畑のすぐ北側を空地川が流れ、富良野地区南部の流域に特有の、礫褐色低地土の土壌で、 この畑は有機物は若干多いものの、礫も多く含んだ土壌なので、水はけと有機質の管理が大きなカギを握ります。
斜面中心の中富良野ヴィンヤードとは、また違ったタイプの圃場でもあります。
ブドウ品種は、ケルナー/ミュラー・トゥルガウ/ツヴァイゲルト・レーベ/シャルドネ/メルローの5種類を栽培しています。

面積 約8ha
土壌 礫褐色低地土
標高 250m
傾斜 平地
収穫量 13000kg~15600kg(3~4年度見込み)
種類 ケルナー/ミュラー・トゥルガウツヴァイゲルト・レーベ/シャルドネ/メルロー

WINERY

ぶどうの個性を最大限に引き出す

ドメーヌレゾンでは40haの広大な自社圃場で、本州では栽培の難しいドイツ系品種などと合わせ、
冷涼な気候に適した12品種のブドウを栽培しています。
そのブドウそれぞれの個性を最大限に引き出すため、 原料ブドウづくりにおいて、
人の手を加えることを必要最小限にしています。
冷涼な気候の北海道富良野エリアで育つブドウは、しっかりとした酸を持ちます。
ドメーヌレゾンのワインは、その酸味の生きた爽やかな味わいが特徴です。

1粒1粒と向き合う 丁寧なワインづくり

富良野地区の雄大な自然と共に育てた、テロワールの活きたブドウ1粒1粒と向き合い、 その自然のポテンシャルを表現すべく、全ての工程に丁寧に向き合うワインづくりが 私たちドメーヌレゾンのこだわりです。