ヴィンヤードトップ

CONCEPT

  • サスティナブル
  • マリアージュ
  • エコロジカル
  • テロワール
  • サスティナブル

Sustainable

ドメーヌレゾンは北海道富良野エリア(中富良野・富良野)に、40haもの広大な自社圃場を有し、その自社圃場でやぎを飼っています。
やぎが圃場で草を食べ、自由気ままに走り回り、土が掘り起こされ、やぎの排泄物が土の肥料となり畑が耕されます。
その畑で育ったぶどうを原料としドメーヌレゾンではワインづくりを行っています。
人の手を加えることを最小限に抑え、環境への影響を最小限に抑えた持続可能な循環がドメーヌレゾンの考えるサスティナブルです。

圃場を走り回り、土を耕す
圃場に生えた雑草を食べる
やぎの排泄物を土の肥料に
ぶどうの木の成長
やぎ乳を有効活用
できたぶどうでワインを

サスティナブルとは

サスティナブルとは「持続可能な」「続けて発展できる」を意味します。
特に人間・社会・地球環境を保全しつつ、持続可能な産業や開発などについていうことが多く、
昨今では世界中で持続可能な開発目標(SDGs)を重要な目標としてかかげるようになりました。
もともとサスティナブルという考え方が広がる前は「地球環境の保護」と「経済の発展」は相反するものでした。
しかし1987年に公表した報告書「Our Common Future」のなかで、
「地球環境の保護」と「経済の発展」は相反するものではなく、共存し得るものとしてとらえ,
環境保全を考慮した節度ある開発が重要であるという考えのもと「サスティナブル」という概念が世界で広く認知されました。
地球環境を壊さず、資源も使いすぎず、次の世代にも美しい地球で平和に豊かに、
持続し発展し続けていける社会=サスティナブルな社会が、世界の人たちが共通の目標として取り組み始めています。

Ecological

ドメーヌレゾンではエコロジカルの観点から、ワイナリー、ブティック、カフェ&レストラン、ホテルでは極力環境に優しい資材を使用し、地球環境の保護に努めています。

Terroir

40haもの広大な自社圃場を有し、東に十勝岳を望むワイナリーです。
自社圃場で栽培したぶどうを使用しワインをつくるドメーヌレゾンにとって、テロワールはワインの品質を左右する大きな要素となります。
北海道特有のテロワールと向き合いできたぶどうの個性を最大限に引き出した、決して真似をすることのできないワインが生まれます。

Mariage

圃場で飼うやぎから搾乳した乳を使用し、スイーツやフードメニューを作っています。
―同じ北海道富良野エリアで生まれた、やぎ乳×ドメーヌレゾンのワイン―
カフェ&レストラン、ホテル一花でテロワールを感じながら、最高のマリアージュをぜひお楽しみください。